マダム路子の
​ 魅力学伝承活動・
    魅力人の育成

誰でもが持っている

魅力の原石を探求し、

進化し続ける!

マダムトップ_グラデーションなし.jpg

MESSAGE

ご挨拶

g011_b.jpg

魅力研究所創立のご挨拶

マダム路子の魅力研究所名誉顧問

 1940年(昭和15年)に誕生した私は、戦火の下で生きる苛酷な体験を経て終戦。

戦後は兄弟を失い、母の難病、食料難で飢や寒さと闘う生活。瓦礫の残る名門千代田区麹町小学校に入学。

 

 全身の関節リュウマチで寝たきりになった母は、悲哀に負けず自己流のリハビリに果敢に挑戦する母を支える。ついに母は8年を経て立ち上がり歩行が可能になる。

 

 その頃から私は自分を思い切り表現できる「女優」に憧れ、中学から高校卒業までいくつかの劇団で表現術を学ぶ。

 

 学生生活、劇団通い、女優になるための稽古事で、心身を病み閉じこもり生活。そんな時に目についたチャームスクールのコピー「だれでも美しくなれる」に惹かれ受講生となる。

 スクールで東宝宝塚劇場の演出家丸尾長顕に出会う。魅力学の提唱者でもあった丸尾長顕氏から「魅力学」の伝承者として活動する使命を受ける。共感する思いが膨らみ19歳で魅力学の指導者を目指す。また、魅力に多大な影響を与える「外見美」を学ぶために美容師資格を取得。

 戦争を通じ知りえた人間模様、病魔に侵されながら、可能な限り身体能力回復に挑戦した母の「自変革力」支えてくれた人々の無私の愛。メンタ―から学んだスターになるための方法を「魅力学メソッド」を22歳で作成。メディアに発表。

 その後、俳優片岡五郎の演劇術も加え魅力学メソッドをリニュアール。「マダム路子の魅力学🄬8つのメソッド」として1999年に発表。以後講演・テレビ・新聞・雑誌・動画を通じ魅力人育成に邁進。魅力研究所は今後も「自分魅力」「他者魅力」「愛の魅力」「土地の魅力」「エンタの魅力」等々、あらゆる分野の魅力と美を研究する目的で創立した。

MEDIA

​メディア

1.png
4.png
5.png
2.png
6.png
7.png

BOOK

​凛と輝く魅力学

魅力学ブック.jpg

AGE 100 PRESS

人生100年協議会

人生の後半をより豊かに...

Gallery

ギャラリー

​マダム路子の魅力研究所

誰でもが持っている魅力の原石を探求し続ける...